化粧水は手でつける?コットンでつける?

昔から論議される化粧水のつけ方。

皆さまは手でつけていますか?それともコットン?

それぞれメリット、デメリットはあります。

今日はそんな毎日使う化粧水のお話です。



化粧水

▼目次

  1. 化粧水の正しいつけ方は?

  2. 化粧水を手でつけることのメリット

  3. 手でつけることのデメリット

  4. コットンでつけた時のメリット

  5. コットンでつけた時のデメリット

  6. 化粧水のテクスチャー

  7. プロのコットンのワザ

  8. まとめ




化粧水の正しいつけ方は?


化粧水は洗顔後のお肌の水分補給を目的としたアイテム。

お肌の汚れや皮脂をお水で洗い流す事で、一緒に肌本来の水分や油分も流れるために、

洗顔後は時間をあけず、すぐに化粧水をつけ、水分を補う必要があります。




化粧水

お顔は鼻や目元などの凹凸がたくさんあり、きちんとつけないと

付け漏れが出てしまいます。

また目や口の周りは皮膚が薄く、摩擦でダメージを受けやすい場所。

お顔は特に優しく丁寧に扱う必要があります。








化粧水を手でつけることのメリット

・刺激・摩擦が少ない

・手の体温により化粧水の浸透がよくなる

・化粧水の量の無駄遣いが少なくなる




手でつけることのデメリット

・付け漏れができやすい

・鎮静させたいとき(皮膚にほてりがある時など)は不向き





ではコットンでつけた際はどうでしょうか?



コットン



コットンでつけた時のメリット

・隅々までしっかりつけられる

・タッピングができるので、鎮静・毛穴の引き締めに効果的





コットンでつけた時のデメリット

・使用方法によっては摩擦・刺激になる

・化粧水の量を多めに必要となる



それぞれにメリットデメリットはあります。

いずれにせよ、優しくなじませる事がポイントとなります。

コットンでパッティングする方は、優しくパッティングしましょう。


化粧水をつけた後は、手のひらでお顔を覆うようにして

しっかり馴染ませましょう。

化粧水がしっかりとお肌に浸透してから、次の美容液やクリームを塗ると、

しっかりと保湿されます。





化粧水のテクスチャー

また、最近では化粧水もトロッとしたとろみのあるテクスチャーのものから、

シャバシャバのお水のタイプもあり、

とろみのタイプは手でつけたほうがつけやすいです。




シャバシャバのお水のタイプはお肌につける流れやすいので、コットンでつけた

ほうがお肌にしっかりと馴染ませる事ができます。





プロのコットンのワザ

コットンで化粧水をつける際は、一度コットンをお水(精製水があればなお良し)

で濡らし、てで硬めに絞ってから、その濡れたコットンに化粧水をつけて使用すると、

より摩擦が少なく、無駄な化粧水をカットできます。

是非お試し下さい







まとめ


手でつける場合もコットンでもメリットデメリットがあります。

とにかく優しく、丁寧につける事が化粧水のポイント。

また化粧水のテクスチャーによってはコットンのほうがキチンとつけれる場合もあります。

化粧水購入時には、お店の人に聞いてみましょう。

またつけ方はサロンでもご相談下さい。





Relaxation House mirimili   

港区白金台にあるオールハンドエステのプライベートサロン、【ミリミリ】のブログです。

美容と健康情報のお届けしています。

当サロンではオーダーメイドの施術で都度お身体にあった施術をご提供。

ご質問はお問合せ ボタンよりお待ちしています。


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示
  • ライン
  • Instagram
  • Facebook